美容整形外科でいぼの除去治療を受けよう【悩みを手軽に解決】

自分に見合ったやり方を

カウンセリング

やり方はそれぞれ一長一短

いぼの除去施術には様々な種類があります。今回は大きく分けて三つの方法をご紹介しましょう。まず一つ目がレーザーを使ったやり方です。これは、患部に直接レーザーを当てて患部をくり抜くという方法をとります。特定の箇所にだけ治療を施すことができるので出血も痛みも少なく済むとされています。患部の芯部分まで取り除くことができるので再発のリスクも低いこと、また治療も長くて半年という期間で治療を終える事が出来ます。このようにメリットが目立つ分、いろんな施術方法の中でも人気の治療方法となっています。デメリットらしい点をあげるとするならその費用についてでしょうか。このレーザーを使った施術、処置を施す医療機関によってその費用にばらつきがあることが多いようです。この方法でいぼを除去するという方は前もって確認しておくことが大切です。次に液体窒素を使ったやり方についてご紹介しましょう。液体窒素で皮膚に低温火傷を生じさせいぼを取り除くというやり方です。まずメリットですが、なんといっても費用を安く抑えることができるのです。基本的に保険がきかないことの方が多い美容手術ですが、ことにこのやり方に限っては保険がきくことがあり得るのです。低予算で済ませたいという方にはこの液体窒素を使ったやり方がおすすめかもしれません。とはいえ反対に当然デメリットもあります。皮膚を焼き切るというのがこの施術なのでどうしても痛み、出血はそれなりにあります。加えてその「焼き切る」という作業でいぼの芯まに到達するまでに時間がかかってしまい、その際に取り残すこともあります。その為、再発の可能性がゼロというわけではありませんが、医師の腕が良ければ問題ありません。方法だけでなく、医療機関の選び方にも気をつけましよう。最後に薬を使ったいぼ除去についてです。市販で手に入れるタイプの薬もあり、例えば患部に直接塗るもの、貼るものなどがそうです。手軽に利用できるというメリットの半面、症状によってはあまり効果が見られないこともあるので理解しておきましょう。また内服薬として有名なのが「ヨクイニン」という薬です。これは患部そのものに効果を発揮するというよりその原因となっているウイルスの力を弱めることが狙いです。こちらも手軽さに対しいぼによっては、というところです。もちろんそれぞれ痛みは伴いませんし治療期間をある程度認められるという方にはおすすめのやり方です。一口にいぼといってもその種類はたくさんあります。そしてその原因となるウイルスにも種類は様々です。いぼ治療はなかなか自分で判断しにくい部分があります。これぞというやり方は人によって全然違うものになるでしょう。紹介したこれら以外の処置が必要かもしれませんし、あるいはいろいろな施術を複合的に行う方がより効果的だという場面もあり得ます。独断で行ってしまうよりはまず医師と相談です。どれほどの期間を要するか、処置後のアフターケアも考えなくてはなりません(ケアの良し悪しで再発するかどうか大きく変わってきます)。まずは専門の医療機関に行って自分に見合った方法でいぼの除去を目指しましょう。

To Top