美容整形外科でいぼの除去治療を受けよう【悩みを手軽に解決】

炭酸ガスレーザーで解決

女の人

痛みもなくきれいに除去

顔や首回りにいぼができればどうしても気になって気分も落ち込んでしまうものですが、美容整形外科で治療を受ければきれいに取り除くことが可能です。一般的な医療機関では、多くの場合凍結凝固療法が用いられており、患部を凍らせて組織を取り除くのが通例です。凍結凝固療法では、綿棒状の医療器具に液体窒素をしみこませ、超低温となった綿棒の先を患部に当てて凍結させます。凍結した患部組織は壊死して少しずつ小さくなっていくため、いぼを除去するにはとても有効な治療法となっています。しかし、凍結凝固療法は痛みを感じやすいのが難点で、施術には一定の忍耐を必要とします。そのため、通院が続かず途中で断念してしまう方もおられます。もちろん凍結凝固療法はとても有効な治療法ですが、痛みに弱い方にはなかなかハードルの高い解決策とも言えます。いぼを、苦痛を感じることなくきれいに取り除きたいと望んでいるなら、美容整形外科を利用してみる手もあります。美容整形外科の多くは、いぼ治療に対応しており、痛みを気にせずに施術を受けることが可能です。美容整形外科では、いぼ治療にレーザー機器を使用するのが定番で、多くの方が利用しています。用いられるレーザー機器は炭酸ガスレーザーと呼ばれるもので、いぼ組織を局所的に蒸散させることが可能です。極小範囲に限定したピンポイント照射が可能なため、周りの通常の組織に影響を与えることなく、いぼだけを効率的に取り除くことができます。痛みについては、施術前に局所麻酔を施して行うため、苦痛を感じることはありません。麻酔の痛みに関しても各施設で考慮されており、麻酔クリームを利用した段階的な注射や、極細の針を使用した注射などで対処しています。治療後の患部は多少のへこみや赤みが見られますが、数か月かけて少しずつ盛り上がり、赤みも消えていくため心配する必要はありません。治療後は患部にテープを貼り付けて過ごすことになりますが、患部がかさぶた状になれば剥がすことができますし、メイクも可能になります。患部がしっかりと落ち着くまでにはある程度の時間を必要としますが、施術跡は極小範囲にとどまっているため、ニキビ程度かそれ以下の赤みと考えておけば良いでしょう。美容整形外科でのいぼ治療は、痛みもなくピンポイントで効率的に取り除くことができるため非常に人気となっています。数ミニ程度のいぼなら炭酸ガスレーザーで十分な対処が可能なので、いぼに悩んでいるなら是非美容整形外科に相談に行ってみましょう。また、5ミリ以上の大きなイボの除去も美容整形外科の治療で取り除くことが可能となっているので、大きさに関わらず利用することをおすすめします。大きなイボの場合は切除手術が適用されますが、美容に特化した技術を持つ医師に行ってもらえば、傷跡が目立つことなくきれいに取り除くことができます。炭酸ガスレーザーと切除手術のどちらが最善なのかをしっかりと判断した上、最高の施術を提供してくれるでしょう。初めての診察の際には、まずカウンセリングでしっかりと状態を確認した上、詳細な説明を行ってもらえます。

To Top