美容整形外科でいぼの除去治療を受けよう【悩みを手軽に解決】

美容整形で悩みを解消

頬を触る人

自分に合った手術を選ぼう

顔にいぼが出来てしまった時にどうしようか困る人は多いです。普段肌のケアを入念にしていても加齢などが原因で出来てしまうことがあります。このようになると、特に外に出て仕事をしている人は大問題となってしまいます。そこでよく行われるのが美容整形によって治療してもらうという方法です。これは自分ではいぼを完治するのにどうにもできない人が最終手段として利用するものです。この美容整形を行えばいぼの症状がほとんど改善し元の肌に戻ることが出来ます。ですが美容整形で治療すると言っても様々な方法があります。まず美容整形外科で行われている一番スタンダードな手術法が液体窒素による治療法です。これはマイナス200度近い液体窒素をくぐらせた綿棒を患部に押し付け意図的に低温火傷させる方法です。これによりいぼの組織を壊死させることができます。そして何度もこの治療を行うことで新しい健康な皮膚が再生されていくので治癒するのです。また完治するのに個人差はありますがおよそ3か月から6か月程度はかかるので比較的長期にわたる治療法と言えます。しかし保険が適用されるのでトータル的にみると手術費用を大きく抑えることが出来ます。そのため時間は多少かかってもいいから金銭的な負担を少しでも減らしたいと考えている人はこの手術を利用するといいでしょう。そして他の手術法はレーザー治療法というものです。これはいぼの大きさや色の濃さなどに応じて患部にレーザーを照射することで除去する方法です。レーザーというと「痛そう」と考える人や肌へのダメージを心配する人もいるかもしれませんが決してそんなことはありません。この美容整形外科で使用しているレーザーは肌への負担を最小限に抑えながらほとんど痛みもなく患部を的確に治療することが出来るので安心です。また手術時間も10分から20分程度で終わることが多く、また通院の必要もないため極めて短時間に終わらすことが出来ます。そのためいぼを治療したいと考えているけど通院する時間がなかなか取れないという人や痛みが心配という人などはこの手術方法を利用するといいです。しかし保険が適用されないのでそこは注意が必要です。また病院によって費用の金額にかなり幅があるので気をつけましょう。そしてメスを使用していぼを切除する治療方法もあります。これは患部に麻酔を注射した後にメスで丁寧にいぼを切除していくもので、基本的にサイズが大きいものに対して行うことが多いです。また出血や痛みはほとんど感じることなく手術を終えることが出来ます。さらに保険も適用されるので費用も安く済みます。しかし10日間から20日間くらいは肌に手術跡が残ってしまうので注意が必要です。ですがレーザーなどで除去できない大きなものでもこのメスを使用した手術なら取り除くことが出来るので、いぼが大きくて困っている人はこの治療法を活用するといいです。このように完治させるにはさまざまな方法があります。よく美容整形外科の医師ときちんと相談して自分の顔に出来てしまったいぼの症状に合わせて適切な手術方法を利用することが大切です。

To Top